PandaRin4’s blog

当ブログの記事は所属組織とは関係のない個人的見解です

Veeam Backup & Replication 9.5u4b の アップデート手順

後の Version9.x になると噂の Veeam Backup & Replication (VBR) ですが、主だったOSの最新版のサポートとVMware vSphere 6.7 U3 の対応版となる VBR9.5.4b がリリースされたのでアップデート方法を記録しておこうと思います。
 
リリースノートにも記載がありますが、version 9.0 Update 2 (build 9.0.0.1715)以上じゃないと直接 9.5 Update 4b (build 9.5.4.2866) にはアップデートできないようです。
 
しばらくアップデートしていないシステムの場合は注意が必要です。
 
前はインストーラ(isoファイル)をダウンロードし、isoをマウントしsetup.exeを実行しアップデートを実行しました。
VBR9.5u4b では、アップデート用の exe が用意されています。新規インストールではなくアップデートのみを実行する場合はこちらを利用しましょう。
本手順もアップデート用exe を利用した手順です。

f:id:PandaRin4:20190727111706j:plain

下はインストーラ (isoファイル) です
VBR サーバでアップデート用exe を実行します。

f:id:PandaRin4:20190727112041j:plain

isoと比べるとサイズが小さいのはGoodですね
ちょっとした注意点ですが、exe を実行すると裏でひっそりとファイルを展開しており、数分間かかります。そのため一見、なにも反応が無いかのように感じますが、もう一度実行したりしないようにしましょう。あわてず下図がポップアップしているか確認しましょう。
 

f:id:PandaRin4:20190727112455j:plain

エクスプローラーの後ろに隠れていたりします
複数回起動した場合ですが、特に問題はありません。エラーメッセージがポップされるので終了させればOKです。

f:id:PandaRin4:20190727112738j:plain

私は気付かず、3つも起動してしまいました
数分間待つとアップローダーが起動します。画面に従って "Next" を選択します。

f:id:PandaRin4:20190727113038j:plain

リモートコンポーネントのアップデートについて問われますので任意でオプションを選択しましょう。

f:id:PandaRin4:20190727114311j:plain

Installを選択するとアップデートが開始されます

アップデートは自動で進捗します。アップデートに要する時間の目安ですが、中程度の環境で約40分ほどでした。

f:id:PandaRin4:20190727114706j:plain

この画面がしばらく続きます


アップデートが終わると、終了を知らせる画面が出力されます。結構時間を要するので注意が必要です。

f:id:PandaRin4:20190727114935j:plain


お約束ですが、最後にOSの再起動が必須です。Finishを選択するとその旨を確認するメッセージがポップアップします。

f:id:PandaRin4:20190727115138j:plain

OKを選択すると再起動するので注意しましょう


再起動するとアップデートは完了します。

f:id:PandaRin4:20190727115653j:plain

ビルド番号が更新されています

あとがき
VBRはVersion10 へのメジャーアップデートが目の前に迫っていますが、vSphere6.7u3 のVMを正常にバックアップするには VBR も 9.5u4b へのアップデートが必要になるので必ずアップデートしましょう。
Version10といえば、2019年9月12日に開催される VeeamON FORUM Tokyo 2019 でも "Veeam Backup and Replication v10!!" というセッションがありますね。
昨年のVeeamON FORUM Tokyo 2018は、JapanVMUGメンバーで参加しましたが、そこで交流を深めることが出来たアンソニーがセッションスピーカーですね。また、2019年4月にVMUG SMB Meetup#1 で特別セッションを担当して頂いた SEの卯花さんのセッションもあるので、今年も各セッションを聴講しようと思います。