PandaRin4’s blog

当ブログの記事は所属組織とは関係のない個人的見解です

2021年の振り返り(VMUGとか)

 2022年が目前ですがこの一年間のVMUG活動について昨年同様に振り返ってみたいと思います。
昨年はとにかくCOVID-19の一年でしたが、2021年は後半に少し希望が見えてきた一年でした。
(記載の日時は、JST+9 表記です。)


■JapanVMUGな活動や参加したイベント
2021/1/22    15:00-18:30    JapanVMUG 2021 Meetup#1
2021/2/19    15:00-18:00    JapanVMUG 2021 Meetup#2
2021/3/26    15:00-17:00    JapanVMUG 2021 Meetup#3 "vSphere 7.0 U2 WHAT'S NEW"
2021/4/23    15:00-18:00    JapanVMUG April Meetup
2021/5/28    15:00-18:00    JapanVMUG Intel virtual collaboration 2021
2021/6/25    15:00-18:00    JapanVMUG June Meeting
2021/7/23    15:00-18:00    JapanVMUG vGPU Olympic 2021 Summer Meeting
2021/10/27    14:00-18:00    2021 JAPAN VMUG UserCon
2021/12/9    15:00-18:00    JapanVMUG VMware新オフィス見学会&クリスマスミーティング

 たしが主催したのは6月の会でした。
VMwareさんがスペシャルセッションとして、新人の手塚さんが素人でも分かるコンテナ講座『Zero to Tanzu Hero! コンテナからTanzuまで』、えりりん(通称:豊嶋さん?)が Tanzuとの格闘秘話と田町情報『気合と根性と体力でいじってみたTanzuと田町新オフィス食レポ』を提供していただけました。
ユーザーによるLTは、vExpertの入江さんが『忘れないうちにTASを語っておきたい』と題して、Tanzu Application Serviceについてモダンに語ってくれました。また、JapanVMUG Leaderの一人 島村さんが『2020-2021 リモートワークで見直されたVDIと課題』と題して VDI管理者あるあるをコミカルに語ってくれました。
今年は圧倒的に働いていないので2022年はもっと頑張ります(JapanVMUG LeadersはNiceなGuysなので、こんなわたしのことも そっと助けてくれます)

f:id:PandaRin4:20211228164346j:plain

6月の様子

 例のイベントとなっているIntelさんとNVIDIAさんとのコラボイベントも5月と7月に開催しました。本当にありがたいことです。2022年もまたコラボしたいですね!2022年は他のベンダーさんともコラボしていければ なお良いですね。頑張ります。

10月のUserConと12月の新オフィス見学会は、待望の対面での開催でした(バーチャルも併催)。
2022年も対面での開催が日常になると良いなと思っています。
Leaderとしては、対面でのイベント開催を企画しつつ臨機応変に対応していきたいと思います。

f:id:PandaRin4:20211228165255j:plain

5月Intelコラボの様子

f:id:PandaRin4:20211228165726j:plain

7月のオリンピック・NVIDIA回の様子

 なお 鉄壁のモデレーター陣とスピーカーが魅力のvExpertが語るシリーズですが、業務都合がことごとくダメで、4/28の第五回しか出られませんでした・・・
来年はもっと出られるようにがんばりますアーカイブ動画助かります!)


■他のVMUGな活動(というか参加したイベント・Webinar)
AustraliaVMUG    2021/7/15    10:00    Australia VMUG Virtual UserCon2021
VMUG    2021/1/20    23:30-0:30    January Leader Call
VMUG    2021/2/27    1:00-5:00    In IT Together: VMUG Leader Community
VMUG    2021/3/12    0:00-5:00    VMUG Virtual March event
VMUG    2021/3/17    22:30-26:00    March VMUG Leader Call
VMUG    2021/6/11    0:00-1:00    VMUG Virtual Connect Event
VMUG    2021/7/21    23:30-0:30    VMUG Leader Call
VMUG    2021/10/13    1:30-2:30    VMworld Leader Gathering
VMUG    2021/11/4    0:00-1:00    Community Site Q&A with VMUG Team
VMUG    2021/11/16    11:00-12:00    VMworld Leader Gathering
VMUG    2021/12/8    23:30-0:30    December Leader Call Option1
VMUG    2021/12/9    11:00-12:00    December Leader Call Option3
VMware    2021/4/20    13:00-14:00    セキュアなVPN・リモートアクセスを考える
VMworld    2021/10/6    11:00-12:00    VMworld 2021 - Day 1 (APJ)
VMworld    2021/10/7    1:30-1:55    Designing for Disaster: Design vSphere for Disaster Recovery with Veeam
VMworld    2021/10/7    11:00-12:00    VMworld 2021 - Day 2 (APJ)
VMworld Japan 2021    2021/11/25    12:50-13:30    VMworld Cloud Foundation, VMware vSAN HCI インフラ設計 Deep Dive 解説マルチクラウド時代のVMware vSphereクラスタ鉄板構成
VMworld Japan 2021    2021/11/25    14:30-15:10    アプリケーションのコンテナ化を検討されている方必見! Vmware vSANのCNSで実現できるコンテナのためのシンプルなインフラ構築
VMworld Japan 2021    2021/11/25    15:20-16:00    VMware vSphere ー What's New and What's Next
VMworld Japan 2021    2021/11/25    17:00-17:40    Odysseyチャンピオンシップ
VMworld Japan 2021    2021/11/26    12:00-12:40    DevOps はもう古い?DevSecOps を徹底解説! セキュアな開発体制を維持する「Software Supply Chain」の作り方

 常のLeader Callの他にもチラホラとLeader活動が意外と多かったイメージです。他のVMUGイベントは今年はオーストラリアしか参加できませんでした。もっと参加したいですね。
VMworld JapanのOdysseyチャンピオンシップは 下手の横好きですね。本当に楽しいので 2022年も続けてほしいですね。絶対参加します!
今年はリアルタイムでの参加の時間があまり取れなかったので、資料をダウンロードして読んだイメージでした。これはこれで非常にありがたいのですが、2022年はできるだけライブで視聴したいですね。


■番外編(Veeam関連は除く)
他の分野・ベンダーは以下の通りです(思い出せるもののみ)

Aidemy 4月度ユーザー会    2021/4/21    16:00-17:00    【事例に学ぶ】機械学習プロジェクトを成功に導くための基礎知識・勘所
AWS    2021/9/30    15:25-16:05    AWSで実践!Analytics modernization ~クイックスタート編~
AWS    2021/10/5    10:00-12:00    AWS サーバーレスサービス総復習
AWS    2021/10/6    15:55-17:10    ~踏み出そう、AWSへの最初の一歩~ AWS初級ヴェビナー AWSomeDay Online
AWS    2021/10/19    10:00-11:00    60分で学ぶAWSコンテナサービス総復習
AWS    2021/10/28    10:00-11:00    認定試験ワークショップ:AWS認定クラウドラクティショナー
PTCジャパン    2021/5/13    15:00-17:00    新時代を勝ち抜くデジタルトランスフォーメーションとは 見ないと損「ARの活用事例特集」
SB C&S    2021/4/27    13:00-13:40    DXの鍵を握る花王マーケティングデータ基盤~顧客理解の進化をとげるために必要な革新とは~
"SB C&S
日本アイ・ビー・エム"    2021/5/18    13:00-15:55    DXを支えるクラウドネイティブなアプリ・ソフトウェア開発基盤
ストックマーク    2021/5/18    17:00-18:00    住友生命の変革に迫るー企業の未来をつくる事業創出
"チームスピリット
アイティメディア"    2021/5/25    14:00-15:00    「何から始めればいいのか分からない」からの脱却 JASRACに聞く、DX推進のリアル~事例に学ぶ「デジタル化の本質」と「明日からできること」~
日本ヒューレット・パッカード    2021/4/28    14:00-15:00    第一生命の競争力強化と効率化を実現するバイモーダル戦略とは オープンAPIによる外部サービスとの認証連携にHPE IceWall MFAを活用した事例
ネットアップ    2021/4/15    14:00-15:10    「金融業界のDXとこれからのIT投資」~IDCとネットアップが語る。国内金融業界におけるDX展開の展望と求められるクラウド対応~
ネットアップ    2021/4/22    14:00-15:00    次世代金融ITインフラのあるべき姿
ネットアップクラウドエスト    2021/11/18    14:10-14:40    徹底解説 ネットアップのマルチクルド戦略
ネットアップクラウドエスト    2021/11/18    15:00-15:40    Azure NetApp FilesとCloud Volumes ONTAP、Azureで使うなら結局どっちがいいのか?
ネットアップクラウドエスト    2021/11/18    15:50-16:30    悩みのタネ データマイグレーション会心の一撃!!~ネットワールド入魂の支援サービス “CloudPath Services”のすべて~
ネットワールド    2021/3/18    16:00-17:00    Veeam Backup & Replication v11 技術検証してみた
ネットワールド    2021/7/16    15:00-18:00    バックアップベンダー Microsoft365 激論バトル
ネットワールド    2021/8/5    15:00-16:00    ペーパーレスや脱ハンコ、事例で語る業務プロセス改革セミナー~クラウドサインやソフトバンク、LINE WORKSがわかりやすく伝授~
ネットワールド    2021/9/28    14:00-15:30    悩む前に構築できる、クラウドを使ったDR環境! ~様々なリスクにも柔軟に対応&手間も省けちゃいます~
ネットワールド    2021/12/7    16:00-17:00    Veeam買ってよかったベスト5 買わなきゃよかったワースト5 大発表!


 ネットワールドさん関連が多いです(もう少しあった気がします)
ネットワールドさんのイベントやコンテンツは充実していて面白いのでハズレが無いですね。なにより明るいのが良いですね。2022年も期待しています。
今年は なぜかHPEさんとDellさん(何か参加したのですが思い出せません・・・すいません)のイベント参加がほぼありませんでした。特段の理由は無いのですが・・・。よく利用するベンダーなので、2022年は参加したいですね。

 

 


 年同様 全体的に開催日時の記録(記憶)が曖昧なものは記載していないので実際はもう少し参加していますが、書き出してみると今年も色々なものに参加しました。2022年はもっともっと自己を啓発したいと思います。

2021年の振り返り(Veeam Vanguardとか)

Veeam Vanguardに関する活動についても2021年を振り返ります。
今年は盛りだくさんだったので、記事も独立しました。
(記載の日時は、JST+9 表記です。)

 

その前にそもそも Veeam Vanguardとは・・・

VBRをはじめとしたVeeam製品が大好きな人たちの集まりです。
Veeam製品に対する愛や情熱を伝道するため、全てのメンバーが知識を共有するため、オンライン会議で話したり、製品の最新情報を勉強したりと日夜努力しています。

詳しくは、『https://www.veeam.com/blog/apply-for-vanguard-class-2022.html』ココに最新の情報が掲載されています。この記事の著者のNikola PejkováさんがVeeam Vanguardプログラムのコミュニティマネージャーです。そのほかにもRick VanoverAnthony Spiteriが強力にサポートしてくれています。
提供される勉強会の多さは圧巻です。

なお現在、Veeam Vanguard 2022を募集中です。
https://s.surveyplanet.com/6l2ra68h
なにかあれば、TwitterやSlackで連絡してください。


■2021年の参加履歴
2021/1/27    1:00-2:30    Veeam Vanguard Deep Dive webinar into v11 NAS backup    
2021/2/10    0:00-1:30    V11: Storage Integration Extrabaganza    
2021/3/13    0:00-1:30    Kick-off call for 2021 Veeam Vanguard class    
2021/4/1    0:00-0:30    World Backup Day Celebration    
2021/5/7    0:00-1:00    Next Steps on the Cybersecurity Insurance (Veeam & Cloudian)    
2021/5/25    0:00-1:30    Vanguard VeeamON Sneak Peek    
2021/6/5    0:00-1:00    Veeam User Group: Ways to engage!    
2021/6/10    17:00-18:00    API Deep Dive Pt1 - How I build SDK's to consume Veeam API's and Demos of LED light control, Data Integration API    
2021/6/24    17:00-18:00    API Deep Dive Pt2 - Veeam API usage in the real world, multi-site service provider portal walk though    
2021/7/22    23:30-0:30    Veeam Vanguard Summer Series No.1: V11 Best Practices for the Enterprise    
2021/7/27    23:00-0:00    Backup for RHV    
2021/7/29    23:00-0:30    Veeam Vanguard Summer Series No.2: Protected Workloads Integration    
2021/8/12    23:00-0:30    Veeam Vanguard Summer Series No3: V11 Storage Integrations New Capabilities    
2021/8/19    23:00-0:30    Veeam Vanguard Summer Series No4: VBO & Specitic V11 Features    
2021/8/26    23:00-0:30    Veeam Vanguard Summer Series No5: Top Cyber Security Defense Tips    
2021/9/15    23:00-0:00    Veeam Hub Repository tool    
2021/9/22    23:00-0:00    Veeam & HPE Apollo    
2021/10/11    23:00-23:30    SECRET TAKEOVER: Vanguards and Legends pre-VeeamON news Briefing    
2021/10/12    22:00-23:00    Vanguard Summit Call    
2021/10/19    17:00-17:45    VeeamVanguard Summit 2021    General session Day 1
2021/10/19    17:45-18:30    VeeamVanguard Summit 2021    Best and Worst Practices
2021/10/19    19:00-19:45    VeeamVanguard Summit 2021    VDRO Update
2021/10/19    19:45-20:30    VeeamVanguard Summit 2021    Veeam Support PoV
2021/10/19    22:00-22:45    VeeamVanguard Summit 2021    Field-Proven object storage design & Best Practices
2021/10/19    22:45-23:30    VeeamVanguard Summit 2021    V12 Introduction and Overview
2021/10/20    0:00-1:30    VeeamVanguard Summit 2021    V12 PART1
2021/10/20    11:00-14:00    VeeamVanguard Summit 2021    Special Vanguard Summit APJ Session
2021/10/20    17:00-18:30    VeeamVanguard Summit 2021    General session Day 2 - Veeam Backup for Microsoft
2021/10/20    19:00-20:30    VeeamVanguard Summit 2021    V12 PART2
2021/10/20    22:00-22:45    VeeamVanguard Summit 2021    V12 PART3
2021/10/20    22:45-23:30    VeeamVanguard Summit 2021    Point of View in the Field
2021/10/21    0:00-1:30    VeeamVanguard Summit 2021    Veeam Backup for Cloud
2021/10/21    17:00-17:45    VeeamVanguard Summit 2021    SPECIAL ANNOUNCEMENT!
2021/10/21    19:00-20:30    VeeamVanguard Summit 2021    Vanguard MCP Exclusive
2021/12/14    23:00-0:30    NEW Orchestrator v5 with Melissa Palmer    


 2021年のVeeam Vanguard classは2020年にもまして非常に充実していたと思います。
特にSummer Seriesをはじめ、勉強会が多く開催されました。わたしも8~9割くらいは参加できたと思いますが、上記以外にも多数ありました。
内容は現行バージョンのv11やVBOなどの最新UpdateやBest Practice、v12情報など多岐にわたります。Cloudやテープバックアップなどにも触れるので広く深くです。

また、2021年最大のイベントといえば、VeeamVanguard Summitが再開されたことです。2020年はCOVID-19の影響で中止されましたが、2021年は対面とオンラインで併催されました。
対面でのAPJからの参加者は0名でしたが、VeeamVanguardプログラムにとっても大きな一歩だったと思います。
なおAPJ向けにAnthony Spiteriがスペシャルセッションを用意してくれたことは非常にうれしいサプライズでした。

f:id:PandaRin4:20211228175731j:plain

Vanguard Summit の様子(オンライン)

f:id:PandaRin4:20211228175841j:plain

オンライン組はチャットで参加


2022年は(圧倒的なUpdate内容の)VBRv12もリリースされることでしょう。ますます盛り上がるであろうVeeam製品を応援したいと思います。

VMware Compatibility Guideでバックアップソリューションをみてみる

いもので今年も12月ですね。
というわけで、本稿は "vExpert Advent Calendar 2021" 向けの記事です。

 

vExpertとしてVMwareに関する内容かつ、Veeam VanguardとしてVBRの選定について、いつものとは少し違った角度から取り上げてみたいと思います。


以前はVMware vSphere Data Protection(VDP)というご謹製のバックアップソリューションがありましたが、すでにGeneral Supportも終了したため、現在ではバックアップソリューションはサードパーティーの時代になっています。
多種多様なソリューションがあり、諸元表などでは差異を見つけることも困難な状況です。
もちろん、それぞれ得意・不得意や使用感の違いなどありますが、少し特徴的なのでVMware Compatibility Guideに注目してみました。


VMware Compatibility Guideは、VMware製品とその他製品との互換性を確認するための便利なツールです。ESXiなど新しいバージョンがリリースされると、バージョンアップ前に自分のハードウェアが対応しているのか調べたりするのに重宝します。
そんな便利なツールを使うとサードパーティー製のソフトウェアのVMware認証についても調べることが可能です。


際にバックアップソリューションについて調べてみましょう!


VMware Compatibility Guide
https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php
f:id:PandaRin4:20211203144209j:plain

 

VMware Compatibilit Guideでは 幾つかのカテゴリーから調べたい事柄を選択し検索すると結果が一覧で表示されます。

'検索カテゴリ:' から 'Data Protection and File Services' を選択します。

f:id:PandaRin4:20211203144357j:plain

 

'サポート対象リリース:' から 'ESXi7.0 U2 (vSAN 7.0 Update 2)' を選択します(※)。'パートナー名:'は 'All' を選択します。
※画像にある通り"Critical Alert- ESXi 7.0 U3, U3a, U3b and vCenter 7.0 U3b are no longer available for download due to critical issues. For information, Please refer to KB 86398" となっているのでU2を指定しています。

f:id:PandaRin4:20211203154122j:plain

 

その状態で'更新して検索' をクリックするとサポート対象の認証を取得しているソリューションが一覧表示されます。
(一覧表示されないからといって対応していないという訳ではありません。この一覧はあくまで認証についての状況です)

f:id:PandaRin4:20211203154150j:plain

スピンアウトしたとはいえ、Dellはさすがですね。
そして我らがVeeamもがんばっています。新しめのサポート対象では真面目に認証を取得しています。


ちなみに'サポート対象リリース:' を 'All' にし、'パートナー名:'を 'Veeam' にして検索すると、VBRの認証の取得状況がバージョン別に一覧されるので便利です。

f:id:PandaRin4:20211203154237j:plain

f:id:PandaRin4:20211203154255j:plain

 

この認証はVMware社から無条件で配布されるものではなく、サポート企業側からアプローチし条件をクリアしなければならないため、それなりの手間はかかります。バックアップソリューションへの姿勢としてはDellとVeeamの特色といえるでしょう。

全てに通用するわけではないですが、もうどうにも選択に迷ったときや、どうしてもDellやVeeamを選択したい時などに使えるネタです。
「認証を得ている」などの"錦の御旗"が大事な説得材料の一助となるでしょう。
(もちろん、認証の有無だけが製品の良し悪しではありません)

 

ちょっとしたTipsでした。

Veeam Backup & Replication 11 P20210324 のオフラインアップグレード手順

Veeam Backup & Replication v11 の最初の累積パッチにあたるP20210324(KB4126)の適用手順です。
インタネットに接続されていないオフライン環境にパッチを適用する手順を記載します。

f:id:PandaRin4:20210330210736j:plain

 

記事はオンタイムで作成していたのですが、投稿を忘れていました。

(新しい記事を作成しようとして未投稿の記事があることに気付きました・・・)

 

本バージョンである P20210324 が適用されると ビルド表記は"11.0.0.837 P20210324"となります。

VBR10 10.0.0.4461

VBR10 P1 10.0.0.4461 P1

VBR10 P2 10.0.0.4461 P2

VBR10a 10.0.0.4854

VBRv11GA 11.0.0.837

VBRv11 P20210324 11.0.0.837 P20210324

f:id:PandaRin4:20210330211036j:plain

Community Editionも同様です

VBRv11 P20210324 を適用するにあたって何点か留意点がありますので、先に触れておきます。

 

1点目
バージョンアップの前提条件ですが、VBRv11 GA (11.0.0.837) のみです。要するにVBRv11 である必要があります。

 

2点目
パッチはKBにリンクがあります。ここではパッチとインストーラーをダウンロードできますが、パッチ適用であればインストーラーは不要です("DOWNLOAD UPDATE"を選択しましょう)。

 

 


こからアップグレード手順になります。


まず有効化されているジョブを全て無効化します。全てのジョブを無効化したらVBRコンソールも終了します。
これは、パッチ適用中にバックグラウンドでジョブが開始されることを防ぐために必要な手順となります。なお、ジョブにはバックアップジョブだけでなく他のジョブ(バックアップコピーなど)も含まれます。

f:id:PandaRin4:20210330211900j:plain

パッチ適用中はジョブは実行できなくなります


 

なお、無効化していないジョブがある場合や、VBRコンソールを終了していない場合はエラーメッセージが出力されインストールが継続できないようになっています。

f:id:PandaRin4:20210330212259j:plain

ジョブが無効化されていない場合のメッセージです

f:id:PandaRin4:20210330212438j:plain

コンソールを終了していない場合のメッセージです



ダウンロードしておいた "VeeamBackup&Replication_11.0.0.837_KB4126.exe" を実行します。

f:id:PandaRin4:20210330213053j:plain

 

許諾して "Next" をクリックしましょう。なお、コピーは 『veeam.com/eula.html』 にあります。

f:id:PandaRin4:20210330213619j:plain

 

その後、ライセンスファイルの適用(VBR10のままでOK)します。

f:id:PandaRin4:20210330214539j:plain

なお、チェックボックスにチェックを入れなくても VBRサーバのパッチ適用後にVBRコンソールから他のコンポーネントへのパッチ適用も実行できます。

 

インストールが終了したら "Finish" をクリックしてインストーラーを終了します。

f:id:PandaRin4:20211127163210j:plain

 

VBRコンソールを起動します。初回起動時にコンポーネントのアップデート画面が表示されるので、実行するサーバを選択し "Apply" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20211127163238j:plain

"Cancel" をクリックし、警告を無視した場合でも、再実行可能です

 

"Finish" がアクティブ化したら、"Finish" をクリックして表示を閉じます。

f:id:PandaRin4:20211127163526j:plain

パッチ適用自体はこれで完了です

 

なお、他のコンポーネントへの適用を実施したい場合ですが、WebUI左上の "Upgrade" を選択すると実行可能です。実行可能なコンポーネントが無い場合は、この "Update" はグレーアウトしています。

f:id:PandaRin4:20211127163601j:plain

 


ビルド番号が 11.0.0.837 P20210324 になっています。

以上が 11.0.0.837 P20210324 のオフラインアップデート手順となります。

Veeam Backup & Replication v11 のオフラインアップグレード手順

VBRのv11がリリースされたのでオフラインでのアップグレード手順について記載します。今回の手順はVBR10からVBRv11にアップグレードする例です。

ちなみに今回は メジャーバージョンアップのため自動アップデートの対象外です。

 

VBR10からVBRv11へのインプレースアップグレードの前提条件ですが、VBR9.5u4b 以降である必要があります。
ちなみにVBR9.5からVBR10へのアップグレードの前提条件は、VBR9.5u3 以降でした。よって、VBR9.5u3よりも古いバージョンからのアップグレードを行う場合は、一旦 VBR9.5u4b 以降にアップグレードする必要があります。

なお VBRv11 RTM を使用していた場合は、Day 0 Update を適用する必要があります。Day 0 Update を適用するとVBRv11 GA にバージョンアップされます。

 

VBRv11 がサポートする vSphere および vCSA のバージョンは、5.5 ~ 7.0 U1 です。
余談ですが、来年リリースされる(であろう)VBRv12 では、5.5がサポートから外れることが見込まれます。そのため ESXi5.5 ユーザーにとっては、VBRv11 が非常に重要なバージョンとなります。

※ ESXi7.0 U1のサポートは、VBR10a と同じです。


本バージョンであるVBRv11 が適用されると ビルド表記は"11.0.0.837"となります。

VBR9.5u4b 9.5.4.2866

VBR10 10.0.0.4461

VBR10 P1 10.0.0.4461 P1

VBR10 P2 10.0.0.4461 P2

VBR10a 10.0.0.4854

VBRv11RTM 11.0.0.825

VBRv11GA 11.0.0.837

f:id:PandaRin4:20210328210029j:plain

 


その他にVBR10a とVBRv11の異なる条件としては、VBR Server と VBR Console のインストール条件に以下のように若干の変更点があります。

Microsoft PowerShell 5.1

※ VBR10aまでは、Microsoft PowerShell 2.0


なお、最近リリースされた Veeam Disaster Recovery Orchestrator v4 は、VBRv11 がサポートされています。


アップグレードにあたっての詳細な条件につてはリリースノートを確認してください。

https://www.veeam.com/veeam_backup_11_0_release_notes_rn.pdf

 

 

こからアップグレード手順になります。


まず有効化されているジョブを全て無効化します。全てのジョブを無効化したらVBRコンソールも終了します。
これは、パッチ適用中にバックグラウンドでジョブが開始されることを防ぐために必要な手順となります。なお、ジョブにはバックアップジョブだけでなく他のジョブ(バックアップコピーなど)も含まれます。

f:id:PandaRin4:20210328210121j:plain

パッチ適用中はジョブは実行できなくなります


なお、無効化していないジョブがある場合や、VBRコンソールを終了していない場合はエラーメッセージが出力されインストールが継続できないようになっています。
コンソールを終了していない場合もエラーが表示されます。

 

 

ダウンロードしておいた"VeeamBackup&Replication_11.0.0.837_20210220.iso"をマウントし、"Setup.exe" を実行します。

f:id:PandaRin4:20210328210303j:plain

 

 

インストーラーが表示されるので "Upgrade" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328210409j:plain

エラーが出力される場合は、このタイミングで表示されます


なお、VBRサーバの.Net Framework等が条件に満たない場合は、インストールを促されます。
注意点は、VBRのアップグレードではOSの再起動は伴いませんが、.Net Framework等のインストールではOS再起動が必要な場合があります(再起動が必要かどうかはOS側に依存します)。既存環境の実装状態によっては再起動が必要であることに注意しましょう。

再起動のタイミングは任意で選択可能です。

 


許諾して "Next" をクリックしましょう。なお、コピーは 『veeam.com/eula.html』 にあります。

f:id:PandaRin4:20210328210520j:plain

EULAです



既存システムにインストールされているコンポーネントが表示されます。"Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328210629j:plain

ビルドNoも確認できます



ライセンスファイルを指定します。
注意点としては、ライセンスファイルは VBR10 で形式が変更されているため、VBR9.5u4bからアップデートする場合は、VBRv10 以上のライセンスファイルが必要です。
なお、VBR10 からアップグレードする場合は、VBRv11 のライセンスファイルは不要です。現在使用している VBR10 のライセンスファイルを指定可能です。(VBRv11のライセンスファイルも指定可能です)

なお、Community Editionの場合は、ここで何も指定せずに "Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328210805j:plain

.licファイルを指定します



不足しているコンポーネントがチェックされ、不足している場合は "Install" をクリックすると included in setup が開始されます。

f:id:PandaRin4:20210328210918j:plain


コンポーネントの Included in setup が終了したら "Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328211006j:plain



ローカルのアドミニストレータアカウントを指定します。インプレースアップグレードなのでそのままの状態で "Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328211041j:plain



VBS (VBR構成データベース) を指定して "Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328211113j:plain



コメントが出力されますが "はい(Y)" を選択します

f:id:PandaRin4:20210328211139j:plain

f:id:PandaRin4:20210328211148j:plain



プロキシサーバなどのリモートコンポーネントも同時にアップグレードする場合はチェックボックスにチェックを入れます。
なお、VBRコンソールにてあとから個別にアップグレードすることも可能です。
注意点としては、リモートコンポーネントVBRをインストールしている場合、そのVBRのジョブも全て無効化しておく必要があります。かりにジョブを無効化せずに実行した場合は、リモートコンポーネントのアップグレードのみ失敗します。

"Install" をクリックするとインストールが開始されます。

f:id:PandaRin4:20210328211237j:plain



Installation succeededと出力されるとインプレースアップグレードのインストールフェーズは完了です。"Finish" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328211323j:plain



インストーラーを閉じ、isoファイルをアンマウントします。

f:id:PandaRin4:20210328211343j:plain



アップグレード後はコンソールを起動します。

f:id:PandaRin4:20210328211503j:plain



コンポーネントのアップグレード確認画面が出力されるのでアップデートする対象を選択して "Apply" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20210328211521j:plain



なお、注意点としては、アップグレード直後はVBR構成データベースが最適化されているため、VBRサーバのパフォーマンスが低下する可能性があります。この最適化はデータベースのサイズに依存しており、1時間程度かかる場合もあります。


オフライン環境のインプレースアップグレード手順は以上です。

 

VBRv11になりました。

2020年の振り返り(VMUGとかVeeam Vanguardとか)

 2020年といえば とにかくCOVID-19の一年でした。VMUGなどの活動にも大きなインパクトがありました。ただし、目新しい点としては、オンラインイベントの参加が充実した一年でもありました。
わたし自身、オンライン元年みたいな一年だったので、備忘録的にジャンル毎に軽く振り返ります。
記載の日時は、JST+9 表記です。

 

■JapanVMUGな活動
2020/1/23 14:00-18:00 VMUG VDI

2020/4/3 19:00-21:00 Remote Meetup#1 & vBeer#1

2020/4/10 20:00-22:00 Remote vBeer#2

2020/4/17 20:00-22:00 Remote Meetup#2 & vBeer#3

2020/4/24 20:00-22:00 Remote vBeer#4

2020/5/1 20:00-23:00 Remote Meetup#3 & vBeer#5

2020/5/8 20:00-22:00 Remote vBeer#6

2020/5/15 20:00-23:00 Remote Meetup#4 & vBeer#7

2020/5/22 20:00-23:00 Remote vBeer#8

2020/5/29 20:00-22:00 Remote Meetup#5 & vBeer#9

2020/6/5 20:00-22:00 Remote vBeer#10

2020/7/31 18:00-20:00 vExpert が語る#1 『vExpert とは』

2020/8/5 15:00-20:30 Summer Meeting & vBeer

2020/9/11 15:00-18:30 Intel & Japan VMUG Virtual Collaboration Meeting

2020/10/23 12:00-18:00 UserCon 2020 Online

2020/11/12 16:10-17:00 VMworld japan 2020 Japan VMUG Session

2020/12/18 15:00-18:00 2020 Japan VMUG Xmas Meeting

 

1月のミーティングは、Cisco(赤坂)で対面開催です。

1年間で16回のオンラインミーティングに参加しました。

緊急事態宣言時を含む、4月~6月の10週連続イベントは圧巻ですね。この集中開催でオンラインイベントに慣れることが出来ました。10月のUserConは、私のVMUG Leaderとしての初めての参加でした。参加人数も100+と1年で最も参加人数が多いものでした。11月のVMworld Japan 2020のセッションは、初めてモデレーターとして参加しました。ラボコンなど初めての試みも多かったですが、他のLeaderに助けられながら 時間内で無事開催できて良かったです。12月の開催は Veeam Vanguard として 頑張りました。
JapanVMUGは、2021年も既に活動を開始しており 最低でも月間1回は何がしかのオンラインイベントが開催される見込みです。

 

■他のVMUGな活動

VMUG

2020/6/11 23:00-30:00 Vertual Connect Event

2020/9/23 12:00-13:00 VMUG VMworld preview

2020/9/29 2:00-3:30 VMUG Party Keynote

2020/9/29 10:00-12:30 VMUG Party Special Guest Sanjay

2020/10/17 0:00-1:00 VMworld VMUG Leader Launch

Washington D.C VMUG

2020/6/25 5:00-7:00 Virtual session Veeam Backup & Replication 10 Best Practices for the virtual world

Chicago VMUG

2020/8/14 0:00-6:00 Chicago VMUG UserCon 2020

Kansas City VMUG

2020/8/20 23:00-29:00 Kansas City VMUG Virtual UserCon 2020

オンラインならではですが、JapanVMUG以外のイベントにも参加できた1年でもありました。タイムゾーンが大きく異なる国の開催の場合、深夜帯での参加になるため、休暇等の調整不要で参加できるのも利点でした。

私はKC(Kansas City Chiefs)の熱烈なファンですが、カンザスシティVMUGに参加できたのは面白い体験でした。

 

■Veeam Vanguardな活動

2020/4/2 23:00-24:30 Vanguard Hold Kickoff Call

2020/4/16 23:00-24:00 Introduction into Chocolatey - The package manager for Windows

2020/6/15 23:00-24:30 Veeam Vanguard VeeamON Pre-Brief

2020/6/23 23:00-24:00 Social Media Training for Vanguards APJ

2020/7/1 23:00-24:30 Veeam Vanguard webinar - Veeam Backup for AWS, Azure & VBR

2020/7/9 23:00-24:30 Veeam for K8s Backups Best Practices / Veeam Vanguard

2020/10/1 23:00-24:00 Veeam Vanguard Social Series Episode 1

2020/10/8 23:00-24:30 Veeam Vanguard v11 New Features and Enhancements Overview #1

2020/10/22 23:00-0:30 Veeam Vanguard v11 Webinar Series #2

2020/11/6 0:00-1:30 Veeam Vanguard v11 Webinar Series #3

2020/11/20 0:00-1:30 Veeam Vanguard v11 Webinar Series #4

2020/12/4 0:00-1:30 Veeam Vanguard v11 Webinar Series #5

2020/12/18 0:00-1:30 Veeam Vanguard v11 Webinar Series #6

2020年はVeeam Vanguardとして初めての一年でもありました。しかし残念ながら、活動を開始した頃には既にCOVID-19な世の中になっていたため、オンラインでの活動オンリーでした。

上記以外では、4月~6月のJapanVMUGにて、雑談ベースですが"Veeam最新情報"のようなものをお届けしたり、"UserCon 2020 Online""2020 Japan VMUG Xmas Meeting"では、Veeam Vanguardとして発表も行いました。

上記以外にも何度か別のセッションがありましたが残念ながら参加できませんでした。Veeam Vanguardはヨーロッパ時間で活動しているので、APJからの参加は注意が必要です。ちなみに公用語は英語です。

ちなみに2021年もVeeam Vanguardとしてのセッションは開催されています。Veeam Vanguardプログラムの開催頻度は非常に多く、教育プログラムとしても非常に高いレベルにあります。
Vanguard申請にあたっては、現役Vanguardからの新規の推薦もあるので、私から日本人Vanguard候補者を推薦できるほど、日本のVeeamコミュニティが盛り上がると良いなと思います。

 

VMwareな活動

2020/2/20 2:00-3:00 CloudHealth Webinar

2020/2/20 19:00-21:30 DevOps Meetup #4

2020/4/22 13:00-16:30 VMware Cloud Native Day - Live

2020/4/24 0:00-1:00 Veeam & VMware Webinar

2020/4/24 12:00-13:00 vSphere7 / vSAN What's New ご紹介

2020/5/21 14:00-14:30 ハンズオンラボ 活用術 What's New ご紹介

2020/5/29 0:00-1:00 vExpert Exclusive Session with Veeam

2020/6/18 0:00-1:00 Exclusive vExpert Session VMC on AWS

2020/7/28 14:00-16:30 VMware KubeNative Day

2020/8/28 18:30-21:00 VMware DevOps Meetup#5

2020/9/30 11:00-11:55 VMworld General Session

2020/9/30 12:00-12:25 NSX Mindset The Network & Security

2020/9/30 13:30-13:55 Purpose-Built: Security vSphere Workloads

2020/9/30 14:00-14:25 The Three V's of VMUG

2020/9/30 14:30-14:55 Inside the Tanzu Portfolio

2020/9/30 15:00-15:25 Operatiomalizing Advanced Est-West Security at Scale in the Datacenter

2020/9/30 16:00-16:25 Deep Dive: Blending Cloud Foundry and Kubernetes on vSphere

2020/9/30 20:00-20:25 Management Hackers: Modern Management Tips and Tricks for Windows Admins

2020/9/30 22:00-22:25 The Top 10 Workspace ONE Tips and Tricks

2020/10/1 17:00-17:35 Winning the War on Ransomeware with Veeam

2020/11/10 17:30-18:10 Odyssey チャンピオンシップ VMware Cloud on AWS

全てオンラインイベントですが、VMware関連のセッションは多く聴講しました。参加という意味では、VMware DevOps Meetup#5では発表も行いました。また、VMworld Japan 2020では、Odysseyに参加しました。個人的にOdysseyの操作は苦手ですが、ハラハラ感が楽しいので参加するのは好きです。これからも下手の横好きで参加すると思います。あとは、VMworld Japan 2020では、開催後に資料を相当量ダウンロードして読みました。これらアーカイブ利用もオンラインイベントの良いところですね。

 

■Veeamな活動

2020/6/17 22:00- VeeamON

2020/10/20 22:45-23:45 The Future of IT: Cyber threat landscape, security, backup and your transformation amidst change

2020/10/21 4:10-4:40 VBRv11: Top 11 hosttest new features

2020/3/18 14:30-16:55 Veeam 新バージョン紹介セミナー

2020/5/13 16:00-17:00 Veeam Backup for AWS Webinar

2020/6/10 16:00-17:00 Veeam : Azure データバックアップのベストプラクティス

2020/6/15 16:00-17:00 Veeam : Active Directory : 管理とバックアップベストプラクティス

2020/10/28 13:00-14:00 VeeamON Tokyo 2020 General Session1

2020/10/28 14:10-14:50 VeeamON Tokyo 2020 General Session2

2020/10/28 15:00-15:30 Veeam でNASデータの保護を革新

2020/10/28 15:35-16:05 Veeam Backup & Replication v10 のサイジングベストプラクティス

2020/10/28 16:45-17:15 Veeam ONE で保護すべき環境を可視化する重要性

Veeamについても幾つかのセッションを聴講しました。Veeam Vanguardと合わせると結構な数になりました。VBRv11のリリースも間近に迫り2021年も多くのセッションが開催されると思うので楽しみですね。

ヴィーム・ソフトウェア主催のオンラインハンズオンも開催されているようですが、これの応用編もあるとのことで、時間が合えば参加してみたいですね。

ヴィーム・ソフトウェアといえば、各種ドキュメントのローカライズも進んでおり、素晴らしく充実してきましたね。セミナーの開催頻度も多く、2021年も期待大です。

 

■その他な活動

2020/4/23 12:30-13:10 パロアルトネットワークス製品を活用したリモートアクセス環境整備

2020/5/8 14:00-15:15 Citrix Webinar

2020/5/14 10:00-17:00 NetApp ONTAP9 ハンズオンセミナー

2020/5/20 16:00-17:00 DellEMC vSphere7 超速解剖

2020/5/20 20:00-21:30 ニフクラ エンジニア ミートアップ#25

2020/5/28 16:00-17:00 DellEMC 今更聞けない!?Withコロナ時代に必要なテレワークの基礎

2020/6/24 14:00-15:00 Citrix Cloud & Horizon Cloud on Azure & WVS

2020/9/2 11:30-12:30 HPE 「ひとり情シス」「ニューノーマル」時代のサーバ運用・省力化テクニック

2020/8/24 12:00-13:00 Zabbix バージョンアップの考え方について

2020/9/16 16:00-18:00 Networld ストレージベンダー6社のトークバトル!クラウド&コンテナ編

その他にも興味を持ったセッションについて色々と聴講しました。日本開催だったため、数自体は少なめです。個人的な決め事ですが、業務時間外に参加するルールをかしているため、平日平時の開催については参加機会が限られますね。2021年も色々と興味をもった分野に参加してみたいですね。

NetAppは2021年はONTAPを少し嗜むので、NetAppさんに色々と教えてもらいました。オンラインで開催でしたが全く問題無かったですね。

デル・テクノロジーズ(社名が変わりましたね!)の超速解剖は本当に早い段階での開催でしたね。デルさんにはvExpertも多くいらっしゃるので 2021年は、"vExpertが語る"シリーズでも是非参加して頂きたいですね!

 

 

全体的に開催日時の記録(記憶)が曖昧なものは記載していないので実際はもう少し参加していますが、書き出してみると思っていたよりも新しい知識を得ることが出来た気がします。2021年も自己啓発は継続していきたいですね。

2021年は、ネタはあるけど、記事を書く時間が無い症候群を何とかしたいですね・・・。

 

Veeam Backup & Replication 10a P20201202 のオフラインアップグレード手順

Veeam Backup & Replication 10(VBR10)は、VBR10の累積パッチ3にあたるP20201202(KB4050)がリリースされました。
インタネットに接続されていないオフライン環境にパッチ3を適用したのでその手順を記載します。

 

回のパッチからパッチ自体の名称が変更となっています。前回まではP2(累積パッチ2)と呼ばれていましたが、今回からパッチ作成日(P20201202)を名称にするようです。なお、今後は以前のパッチに含まれるすべての修正が含まれるようになるとのことなので、常に最新のパッチを適用するだけで済むようになります。

 

本バージョンであるVBR10a P20201202が適用されると ビルド表記は"10.0.1.4854 P20201202"となります。

 

VBR9.5u4b 9.5.4.2866

VBR10 10.0.0.4461

VBR10 P1 10.0.0.4461 P1

VBR10 P2 10.0.0.4461 P2

VBR10a 10.0.0.4854

 

f:id:PandaRin4:20201231094812j:plain

 


VBR10a P20201202を適用するにあたって何点か留意点がありますので、先に触れておきます。

 

1点目
バージョンアップの前提条件ですが、VBR10a(10.0.1.4854)を実行している必要があります。要するに最新版である必要があります。VBR10 P2以前のビルドを実行している場合は、先にVBR10aを適用する必要があります。

 

f:id:PandaRin4:20201231101136j:plain

Community Editionも同様です



2点目
本バージョンにて VMware vSphere 7.0 U1 が正式にサポートされます。これでU1にて追加された新しいvSphereAPIが認識され、仮想ハードウェアバージョン18がサポートされます。また、(一部で物議をかもしている)vSphere Clustering Service (vCLS)で使用されるシステムVMの自動除外機能が実装されます。
正式サポートという意味では、(これも一部で物議をかもしていた)Windows10およびWindows Server 20H2についても本バージョンにてサポートされます。(これでEdgeの入れ直しとか不要になりますね!)

 

3点目
パッチはKBにリンク(KB4050: Release notes for Veeam Backup & Replication 10a Cumulative Patch 20201202)があります。ここではパッチとインストーラーをダウンロードできますが、パッチ適用であればインストーラーは不要です("DOWNLOAD UPDATE"を選択しましょう)。

 

 


こからアップグレード手順になります。


まず有効化されているジョブを全て無効化します。全てのジョブを無効化したらVBRコンソールも終了します。
これは、パッチ適用中にバックグラウンドでジョブが開始されることを防ぐために必要な手順となります。なお、ジョブにはバックアップジョブだけでなく他のジョブ(バックアップコピーなど)も含まれます。

f:id:PandaRin4:20201231095443j:plain

パッチ適用中はジョブは実行できなくなります


なお、無効化していないジョブがある場合や、VBRコンソールを終了していない場合はエラーメッセージが出力されインストールが継続できないようになっています。

f:id:PandaRin4:20201231095530j:plain

コンソールを終了していない場合もエラーが表示されます

 

ダウンロードしておいた"VeeamBackup&Replication_10.0.1.4854_KB4050.exe"を実行します。

f:id:PandaRin4:20201231095625j:plain

 

パッチのインストーラーが表示されるので "Next" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20201231095647j:plain

エラーが出力される場合は、このタイミングで表示されます


VBRサーバ以外のコンポーネントのアップグレードオプションの確認です。必要に応じてチェックボックスをチェックし "Install" をクリックし、インストールを開始します。
チェックボックスにチェックを入れなくてもVBRサーバのパッチ適用後にVBRコンソールから他のコンポーネントへのパッチ適用も実行できます。実行方法は後ほど説明します。

f:id:PandaRin4:20201231095733j:plain

今回はチェックを入れずにインストールを実行します

 

インストールが終了したら "Finish" をクリックしてインストーラーを終了します。

f:id:PandaRin4:20201231095823j:plain

小規模な環境なら数分程度で終了します

 

VBRコンソールを起動します。初回起動時にコンポーネントのアップデート画面が表示されるので、実行するサーバを選択し "Apply" をクリックします。

f:id:PandaRin4:20201231095901j:plain

"Cancel" をクリックし、警告を無視した場合でも、再実行可能です

 

"Finish" がアクティブ化したら、"Finish" をクリックして表示を閉じます。

f:id:PandaRin4:20201231095937j:plain

パッチ適用自体はこれで完了です

 

 

お、他のコンポーネントへの適用を実施したい場合ですが、WebUI左上の "Upgrade" を選択すると実行可能です。

f:id:PandaRin4:20201231100046j:plain

実行可能なコンポーネントが無い場合は、この "Update" はグレーアウトしています

 


以上が VBR10a P20201202 のオフラインアップデート手順となります。