PandaRin4’s blog

当ブログの記事は所属組織とは関係のない個人的見解です

Veeam Backup & Replication Community Edition 9.5u4bのインストール手順

能評価のため、VBRの無償版である "Veeam Backup & Replication Community Edition" をインストールしたので手順を記録しておこうと思います。
 
今回、9.5.3a と 9.5.4b をインストールしてみましたが、手順自体は現時点での最新版である 9.5.4b を記載します。
なお、違いですが2点あります。
① 9.5.3a など古いバージョンでは、インストールおよびアップデート後には、OSの再起動が必須です(9.5.4bでは不要です)。
② 9.5.3a から 9.5.4b に直接バージョンアップは出来ません。一度 9.4 にバージョンアップしてから 9.5.4b にバージョンアップする必要があります(複数回インストール作業を繰り返す必要があります)。
よって、初回インストールは、最新版をインストールすることをお勧めします。

"Veeam Backup & Replication Community Edition" については、公式HPを参照してください。
https://www.veeam.com/jp/virtual-machine-backup-solution-free.html
Community Edition の要点は2点です。
最大10台VM、またはVMクラウドインスタンス、物理サーバー、ワークステーションの組み合わせを保護します。
本番環境を保護できるほか、ホーム・ラボで使用したり、移行に使用したりできます。これらは無償で行えます。
そう、EditionはStandardと同等の機能で、対象台数も最大10台までですが、本番環境でも無償で利用できます。非常に太っ腹です。

Enterprise Plus Edition を試したい場合は、アカウント登録後に30日間のトライアルライセンスを発行してもらう必要があります。
ちなみに、vExpert もしくは VCP 以上の資格を所持していれば365日間の NFRライセンスを無償で提供してもらえます。わたしもちょっと試したいことがあったので vExpertとしてNFRライセンスを発行してもらいました。
ただし、NFRライセンスなので本番環境で利用することはNGですね。
Community Edition は10台までとはいえ、本番環境で利用できるのは大きいですね!

ちなみに間違えやすいポイントですが、インストーラーは Community Edition 、製品版の各Edition 、評価版の全てで同一です。各Edition 専用のインストーラーはありません。よって公式のどのリンクからダウンロードしても大丈夫です。
※何気にこの点は記載されていないので分かり難いですね。
 
 
ウンロードサイトから isoファイルをダウンロードします。

f:id:PandaRin4:20191117202302j:plain

Community Editionのサイトからのダウンロードであればサイトへの登録は不要です。
isoファイルをマウントしたら Setup.exe を起動します。

f:id:PandaRin4:20191117202757j:plain

Setup.exe は直下にあります。ちなみに使用しているOSは Windows Server2016 です。
Install をクリックします。(コンソールなどコンポーネントを個別にインストールしたい場合は任意に選択します。)

f:id:PandaRin4:20191117203219j:plain

Community Edition も同じです。
EULA 的なチェックをして Next をクリックします。

f:id:PandaRin4:20191117203452j:plain

承諾します。
Community Edition のインストールにおいて最も重要なポイントがこの手順です。
製品版やNFRライセンス版をインストールしたい場合は、それぞれのライセンスファイルを選択します。

f:id:PandaRin4:20191117205534j:plain

このポイント以外に各Editionによる手順の差異はありません。
インストールする場所を選択します。

f:id:PandaRin4:20191117203909j:plain

図は Default です。
VBR で使用する DB やその他の必須コンポーネントについての状態が表示されます。 Install をクリックすると " Failed " となっているコンポーネントがインストールされます。

f:id:PandaRin4:20191117204103j:plain

Install をクリックすると不足分のコンポーネントのインストールが始まります。
インストールが完了すると全ての状態が " Passed " になります。Next をクリックします。

f:id:PandaRin4:20191117204509j:plain

Install をクリックします。クリックするとインストールが始まります。環境によりますがインストールには意外と時間がかかります。一般的なサーバ環境では30分程度は必要です。

f:id:PandaRin4:20191117205018j:plain

VMware WorkStation などではかなり時間を要します。
Finish をクリックするとインストールが完了します。

f:id:PandaRin4:20191117205241j:plain

以前のバージョンではこの後に OS の再起動が必要でしたが最新版では不要です。
インストールを完了するとインストーラーが起動している状態に戻ります。VBRを利用するにはインストーラーを終了し、デスクトップのショートカットをクリックしVBR Console を起動します。

f:id:PandaRin4:20191117210003j:plain

デスクトップのショートカットは Veeam Backup & Replication Console の起動用です。
Connect をクリックしてログインします。

f:id:PandaRin4:20191117210610j:plain

リモートからのログインの場合は、ID/Passwordを入力する必要があります。
初回ログイン時に出力されます。Apply をクリックします。

f:id:PandaRin4:20191117211019j:plain

Finish をクリックするとVBR が使用できるようになります。

f:id:PandaRin4:20191117213859j:plain

この後、必要に応じてvCenter、プロキシ、リポジトリの登録、ジョブの作成などをします。
ライセンスの状態を確認すると Community Edition として動作しており、残り10台までバックアップを行えることが分かります。ジョブを作成し、実行すると Used の数字がカウントされます。

f:id:PandaRin4:20191117211445j:plain

他のライセンスをインポートした場合は Install License をクリックします。
VBR は Standard Edition でも基本的なバックアップリカバリの機能を十分に有しています。Community Edition は10台までの制限があるとはいえ、無償でその機能が利用できます。無償ではありますが中身は Standard Edition なので、例えばESXi5.x 上のVMをESXi6.7 に移行するなど、もっている機能を応用することによって色々なオペレーションに対応が可能です。
10台以上の規模での評価や 高Editionの機能の評価が含まれていないのであれば、評価時においても Community Edition はお勧めです。